HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク
 

2015年12月アーカイブ

■140名の参加者で大盛況!

 12月5日、セシオン杉並にて「国民連合政府ってナンだ!?~ホントになくすつもりがあるのか?!戦争法~」という企画を開催しました。

 ゲストに参議院議員の田村智子さんを呼び、区内在住の若者二人が司会。日本共産党が呼びかけを行っている『国民連合政府』についての疑問に答えてもうおうという内容です。140名の参加者が集まり、準備した椅子が足りなくなるほどでした。


 質疑応答では、高校生や公明党支持者の方、『他党を応援しているが本当にいっしょにやってくれるの?』など、様々な質問が出されました。事前準備やご参加頂いた皆さんありがとうございました。

金子健太郎 (2015年12月 3日 11:11)

 

心の性と体の性が一致しない性同一性障がいや性別違和を持つ人たちに、マイナンバー制度が深刻な影響をもたらしています。


■「個人番号カード」「通知カード」に性別記載される。


 マイナンバーによって、性別記載が法定化され、性的マイノリティにとって死活問題である性別記載から逃れられなくなっているのです。

 そのため、性同一性障がいや性別違和を持つ人たちがマイナンバーを職場に提示する際、本人の意思とは関係なく、公にしていない性的指向や性自認を暴かれることになります。


■望まない「公表」による差別が起きる。


 当事者にもお話しをうかがいました。マイナンバーによって望まない「公表」による職業差別が起きています。その差別をさせない為にも、発行する各自治体において何が出来るかを考えるべきではないでしょうか?

金子けんたろう
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31