HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク
 

2015年10月アーカイブ

◆賛成だけれど、気になることも

少し前の話になりますが議会から。先日行われた総務財政委員会において、成田東四丁目、梅里二丁目に建設予定の保育園について、二議案が審議されました。

 保育園を望む保護者の声に応える施策であるのでいずれも賛成しました。しかし、気になることも。それは、近隣から〝建設に反対ではないけれど...″という声があがっていることです。区はこうした住民の皆さんとコミュニケーションを取れているのか、という点です。


◆近隣住民との関係はどうなのか?

 二つの保育園は、いずれも住宅街の中。保育園が出来ることは良いと思う。けれど突然大きな保育園が出来れば、当然子どもたちの声もする。住民の皆さんの心配の声は、環境が変わるのだから当然です。

 気をつけなければならないことは、区が住民の皆さんの要望をよく聞きコミュニケーションをとっていくこと。そして、理解して頂いている近隣に〝住宅街のど真ん中に建てる″ことを感謝することだと思います。


金子健太郎 (2015年10月 9日 17:45)

決算特別委員会が始まっています。日本共産党区議団も質疑に立ちました。


私が取り上げたテーマとしては、

〇区政資料から見る区民の暮らしについて

当該年度平成26年度は、消費税増税の年でもありました。5%から8%に一気に上がってわたしたちの暮らしはどうなったのか?

〇歳入増について

この歳は前年度比2.7%増の歳入が増えました。大きなお金は使わなくとも、区民要望に応えることが出来るのではないか?

〇区職員の健康問題について

地方公共団体を取り巻く状況は変わってきています。また、求められる資質や責任の度合いも高まり、地方公務員のメンタルヘルス状況が悪化しています。

〇自主防災組織、地域の防災会について

地域の防災会は、少ない予算で努力しています。私も参加した防災訓練や防災会の皆さんの声をもとに質疑しました。

〇広報すぎなみについて

この間、我が党区議団がしつこく求めていた広報すぎなみの全戸配布。9月1日号で試験的に行われました。区民の皆さんからの反応や今後について質疑しました。

〇国勢調査の配布について

この間行われた国勢調査。配布の仕方など全国一律のやり方での問題点を取り上げ、国に意見するよう求めました。

〇特別支援教室について

富士見ヶ丘小を中心とした6校で導入予定の特別支援教室。杉並が誇る通級指導学級が引き継がれるのか?変質してしまうのか?保護者や子どもたちの声を取り上げ、この制度を進めている東京都に意見をするよう質疑しました。

また詳細にご報告します。


金子けんたろう
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30