HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク
 

カテゴリ:

区長「障がい者の要望 真摯に向き合っていく」

障がい者施策・失語症について   議会で一般質問


  9月11日、区議会本会議において一般質問を行いました。
 障がいの種類は身体・視覚・聴覚・精神など様々ですが、今回取り上げた失語症は一般的にはほとんど知られていません。
 
 この質問を通して、今後行政として当事者や家族からの聞き取りや、区職員や区民への啓発を行うべきではないかなど、障がい者施策・失語症者への区の姿勢を問いました。


 質問:区の計画を作る際には、障がいをもつ当事者や家族などから直接聞き取りを行うべきではないか?

 障がいの症状によって、会話パートナーを増やしてほしい、もっと集える居場所がほしいなど要望は様々です。何が求められているのか、当事者や家族から直接聞き取りを行い、個別事例を多く集めることが重要です。この点について質問しました。


区長答弁:先日、丸一日半をかけて直接障がい者団体連合会の各団体の話をうかがった。区に要望したいことは様々。そういったこと一つひとつに、真摯に向き合っていかなければならないと感じている。

 と、障がい者施策について前向きな姿勢を表しました。


障害のある人もない人も、ともに地域で暮らせる杉並区へ


  今回、当事者や家族に話を聞く中で行政や地域の理解、失語症会話パートナーなどの適切な援助があれば、思いを伝え合い、いきいきと日常生活をおくることが可能になるということを実感しました。

 障害のある人もない人も、すべての区民が、ともに地域で暮らすことができる杉並区にするために取り組みを充実していただきますことを要望しました。

 

金子けんたろう
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アイテム

  • 無題.png
  • P910309400.jpg
  • P9103094.JPG
  • IMG_6810.JPG
  • imagesE28BAILW.jpg
  • suteki.jpg
  • .jpg
  • DSC05274.JPG
  • 楢山節考.png
  • DSCN0412.JPG