HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク
 

2012年5月アーカイブ

金子健太郎 (2012年5月24日 08:42)
ある国がその土地を領土にできるのは、そこがあらかじめ

1、誰のものでもないこと
2、領有する意思表示が行われること
3、実行的な支配がされること、

そして、その行為に他国から異議が唱えられなかったことが条件になります。
これは国際慣習法として「占有の法理」と言われています。


これに照らして見ると、尖閣諸島が日本の領土であることは、はっきりしています。

5月13日、
野田首相と温家宝首相との会談についてマスコミは「尖閣で応酬」などと書き立てました。
しかし、
結論は「日中関係の大局に影響を与えることは望ましくない」ということで一致だそうです。
この領土問題を再び「棚上げ」にしないことが大事です。

中国の主張には道理はなく、日本の領有に正当性があること、
日本政府が事実と道理に基づいて訴えなければなりません。





金子健太郎 (2012年5月22日 17:31)
大相撲夏場所、西前頭7枚目の旭天鵬が、史上最年長の37才8ヶ月で初優勝しました。

「いろんな人に支えられたから、きょうがある」

モンゴル出身力士の開拓者は、初優勝にこう語りました。

いいですね。こうした当たり前の事実にはっと気づかされます。

2012052206240524d.jpg


「貧しい家庭から、自分の努力でここまでやってきました。」
「みなさんも、やればできるはず。出来るのにやらないでいるほうが悪いのです。」

という言葉が、巷で本当によく聞こえてきます。

そんな人間も、「自分の努力」だけではなくたくさんの人々に助けられて今があります。
冒頭の言葉は、こうしたあたりまえの事実に気づいていない、忘れているのかもしれません。



「白鴎まさかの3連敗」
「3日連続で館内に座布団が舞う。目を覆いたくなるような光景だった。」

大相撲夏場所9日目を伝える、
5月15日付けしんぶん赤旗のスポーツ欄「待ったなし」です。

私自身相撲には疎いのですが、
その事柄、人物の背景を観察していくことには、とても興味があります。

「加えて白鴎の誕生日でもある3月11日に発生した東日本大震災。

責任感の強い横綱は、被災地支援活動の先頭にも立ってきた。

一人横綱の心労は想像に余りある。」

なるほど、こういう見方があるのか。
自分の知らない世界がまだまだ沢山あるんだ、そう感じました。
金子健太郎 (2012年5月11日 09:44)
5月10日赤旗.pdf

「都市部の農地 見直す時」

昨日5月10日のしんぶん赤旗に、
JA東京あおば組合長榎本高一さんの記事が掲載されていました。

榎本さんは、
国産発のビール麦「金子ゴールデン」の復活の尽力を発揮された方でもあります。

私はこの都市農業問題を、区議会第一回定例会において取り上げてきました。

その際には、杉並区の農家の方に大きなご協力をいただきました。

同時に、近隣の練馬区、JA東京あおばの皆さん、農家のかた、
榎本組合長の発想力、実行力、活躍にも大変励まされました。

記事を読み、都市農業の問題、引き続き農家の皆さん、区民の方々にチカラを借りながら、
取り組んでいこう、改めて感じました。








金子健太郎 (2012年5月 8日 16:01)
yosidanobuu.jpg   Img0104B.jpg

5月19日土曜日、10時から浜田山会館にて「防災を語るつどい」を行います。

弁士は 吉田信夫都議、上保まさたけ衆議院東京8区予定候補、金子けんたろう です。
皆さん奮ってご参加ください。
金子けんたろう
2012年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイテム

  • 2012052206240524d.jpg
  • RIMG5475_edit001.JPG
  • Img0104B.jpg
  • yosidanobuu.jpg