HOME
プロフィール
政策・主張・実績
ブログ
ニュース
お問合せ・ご相談
リンク
 

カテゴリ:

祝婚歌
| コメント(0) | トラックバック(0)

122-1.jpg

最近、私の周囲では結婚ラッシュ。
どなたも末永く幸せになってほしい、といつも思います。

市田忠義書記局長が、ある結婚式の、祝辞のなかで紹介された、
詩人の吉野弘さんの詩がとてもすてきでした。

『祝婚歌』 吉野 弘

二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい
立派すぎることは 長持ちしないことだと気付いているほうがいい


完璧をめざさないほうがいい 完璧なんて不自然なことだと うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが ふざけているほうがいい ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても 非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいものだと 気付いているほうがいい

立派でありたいとか 正しくありたいとかいう 無理な緊張には 色目を使わず
ゆったり  ゆたかに  光を浴びているほうがいい

健康で  風に吹かれながら  生きていることのなつかしさに  ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい

そして  なぜ胸が熱くなるのか  黙っていても 二人にはわかるのであってほしい

 


「正しいことを言うときは、少しひかえめにするほうがいい」
...我々政治家にもあてはまりそうです。

 

※吉野弘さんは、この詩について
「民謡のようなもの。作者の名前がなくても作品を喜んでくれれば・・・。著作権は要らない。」とおっしゃっているそうです。お言葉に甘えさせていただきました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kanekokentaro.jp/admin/mt-tb.cgi/68

コメントする

金子けんたろう
2012年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アイテム

  • RIMG5475_edit001.JPG
  • Img0104B.jpg
  • yosidanobuu.jpg
  • IMG_6376.JPG
  • 128-1.jpg
  • 127-2.jpg
  • 126-1.jpg
  • 124-1.jpg
  • 123-1.jpg
  • 122-1.jpg